誰にも言えない引越しの失敗エピソード

引越しの業者の見積りで気を付けたいこと

引越し業者に見積もりを取るその前に、しっかり確認しておきたいポイントをいくつかあげてみたいと思います。

引越し業者が出してくれる見積もりを少しでも安くするためのコツだと思ってみていただければと思います。

業者も慈善事業ではありませんから、
「この人は段取りが悪くて引越しも時間かかりそうだな」
「しっかり荷造りしてくれなさそうだから、当日面倒なことになりそうだな」
と思わせないために、業者との見積もりで言っては損をするセリフです。

「引越し日が決定していない」
「まぁなんとか・・・」
「安ければどの日取りでもいいんです」

こういう風に言われたら、業者の立場になって考えてみると、当日の引越し作業が難航しそうだと思ってしまいませんか?

なんとなく、で行動してるな、となればどうしたって肝心の荷造りも適当ではないかと疑いたくなりますし、
安ければいつでも・・なんて言われてしまっては「ほんとに引越しするのかな?」なんておもわれてしまいますよね。

引越しの日取りというのは、ある程度限られた日程で組まれるほうがベターです。
仕事の都合もあるでしょうし、現住居の退去期限もありますし、新居での生活をスタートさせるためにも引越し後の片づけもありますから、大抵の方が相当な理由がなければ、

「月末までの2週間の土日でなんとか引越ししたい」ですとか、
「もうここの週末までになんとか引越しをしたい」と考えているはずです。

ですから、「この人の引越しは面倒そうだ」と思わせない、ということが重要ですから、しっかりと覚えておいてください。

最新記事